1. L-mode
失速BANDのディーバ・Norikoさんを中心に結成されたスーパーコーラスグループ!
誰もが知っているあの曲を、絶妙なハーモニーでお届けします!

marron, Norik, TINA, Mie(写真左から)

Vocal

 

歴史ある失速バンドのライブに、初参戦させて頂きます!!
たくさんの優しい気持ちと、皆さんをめいっぱい元気にするパフォーマンスで、2011年失速のopening を勤めさせていただきますぅ〜!!

 

2. スマトラーズ
毎年、解散と再結成を繰り返す80'sスマッシュヒッツがオハコの彼ら。
3年目の今年は新メンバーを加えて集大成を披露!

早坂スマトラ

成瀬スマトラ

久保スマトラ男

久保スマトラ女

Vocal&Guitar

Guitar

Bass

Drums&Key

徳間ジャパン

ギタリスト / ライター

日本クラウン

主婦

写真は一昨年、社員旅行でグアムに行ったときのものです。なにか自分が豪快な男になったような気がしました。よろしくお願いいたします。

今回も失速のポジティブかつハッピーな雰囲気に浸らせていただきながら、とても楽しく参加させていただきました。
また皆さんと楽しい時間を共有させていただけたらです!

充実した、ストレスの無い時間を過ごしました。
次回は、新スマトラーズを結成しようかなぁ・・・。

悪夢のスマトラーズ初出場から3回目、少しは成長したかと思いましたが、やはり本番は1曲目から悪夢でした...(泣)。でも相変わらず楽しかったです。みなさまのナイスな演奏で愛とパワーをフルチャージして、明日から普通の主婦に戻ります。ありがとうございました!!

 

岸本スマトラ

竹尾スマトラ

 

 

Drums&Key

Sax

 

 

日本情報産業(NII)、IT業界

日本情報産業(NII)、IT業界

 

 

今回も楽しめました!。
失速各バンドの素晴らしい演奏にはホントに毎回脱帽です。
※お父さんはここにいるぞー。

皆さんの素敵な演奏を聴くことができ、とても楽しく、そして勉強になりました。本当に夢のようなひとときでした、ありがとうございました。

3. MATALLOW MONKEY V
失速実行委員長・MATARO氏率いるマタモン第三弾!
バンド名からわかるとおりTHE YELLOW MONKEYを中心にJAPANESE ROCKがテーマ。
音楽業界人が多い中、失速BANDの中で最も他業種に渡るメンバーが贈る骨太ロックンロール!

川口MATARO真太郎

杉山MENTAL

成瀬NARUCHO正樹

宅間TAKUMACCHI士朗

Vocal / Guitar

Vocal / Chorus

Guitar

Bass

フジパシフィック音楽出版
音楽プロデューサー /
ディレクター /
プロモーター / マネージャー

神奈川大学・准教授

ギタリスト / ライター

日テレ・テクニカル・リソーシズ

毎度全体の企画運営をやりつつ参加させてもらっていますが、今回の失速が自分の中で仕切りもパフォーマンスもベストテイクだったという満足感の余韻に浸っています。失速仲間は宝です。皆さん最高!!また来年!!
その前に恒例の打ち上げで盛り上がりましょう!

よく飲みましたが諸先輩方にご意見や特訓もいただいてスタジオやステージ以外でも楽しいバンドでした。参加させてもらえてほんとうに嬉しいです。ゼミ生も大喜びでした。MATAMON、最高!!

今回は2バンド続けて出させていただき恐縮状態でしたが、また楽しく演奏させていただきました。
今年も“失速”から“加速”エネルギーを頂戴しました。

自分の出番はもちろんのこと、あの日は本当にあっという間に終わってしまいました(飲みすぎて記憶が曖昧だったわけではない…ハズ)。
今後も皆様と楽しい時間を共有させていただければ幸いです。
ありがとうございました!!

 

木代NIKKEI俊一郎

細野TEPO正昭

 

Key

Drums / Cho.

 

日本経済新聞社
編集局電子編集本部

細野歯科医院

 

 

今回初めてiPadをライブに使いましたが、十分実用に耐えうるものだと実感しました。とても楽しかった?バンドを始めた 高1の長男も、皆さんの演奏を聞いて大変勉強になったと申しておりました。。そのうち失速二世組が出演するような、息の長いイベントにして行きましょう?

皆様、本当にお疲れ様でした。今回、がんばろう日本という事をパワーのある疾走感であらわそうと演ってみたんですが、やり過ぎの感もあり…。ワンステージで6本もスティック落としたのは新記録でしたwww。

4. ソーラー服部と自家発電
毎年「服部」の部分を除いてバンド名を変更する70年代ロックの雄。
バンド内でのゴールインもありハッピームード炸裂!

服部浩

岩崎淳

ギター番長 / 奥原将嘉

ゴイスー三上

Bass

Drums

Guitar / Vocal

Guitar / Vocal

エニィビィサウンド・マイスペース
(企画制作プロデューサー)

フジパシフィック音楽出版

某広告代理店勤務CMクリエーター

株式会社 音屋
(レコーディング・エンジニア)

楽しかった。たかが大人の学芸会、されど学芸会。いくつになっても楽しく真剣にバンドに取り組むちゅー事は若さの秘訣ぢゃ。

我ら「自家発電」、今回は今までに無いくらい・・5回もリハをやりました。
しかし僕は反省だらけ!
まだまだ修行が足りんのでしょー(苦笑)。まだまだ行くぜぃ!

やはりエレキギターは重いし難しい。
おかげでライブ当日、腰が爆発し歩行困難に。
これからは、地球と身体に優しいウクレレ片手に、ムード歌謡のオジサンに戻ります。

今年こそ、当たり前の原点に戻り、歌詞すべて暗記!と意気込んだつもりでしたが、いざ本番は。。。無惨な結果でした。歳のせいで歌詞を暗記することは無理なのか???
しかしながら、毎年のことながら楽しめました。
出演者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

ジミー松吉

石川改め岩崎真弓

Vocal / Chorus

Vocal / Chorus

某音楽出版社
(絶賛★彼氏大大大募集中★!!)

専業主婦風

失速LIVE、みなさまお疲れさまでした。
失速を終え現実の世界に戻ってきましたが、どこかポッカリ空いた感じです。
本番前、「人」という字を手のひらにたくさん書いて飲みこんだハズが、やっぱりド緊張でした(汗)・・・が、とっても楽しい時間でした★
ありがとうございました。

失速バンド関係者の皆さま、メンバーの皆さま、お疲れさまでございました&お世話になりました!
‥‥毎度ながらステージ上で何をやったか記憶がありません。
友人知人が早速送ってくれたライブ写真を見る限り、また何かが降りていた様です(汗)。
楽しんで頂けたのなら幸いですが‥‥。
しかし、今このタイミングに‥‥自由に、感じるままに表現できる場所があるというコトは幸せなこと。
音楽を通じて今年も沢山の幸せをありがとうございました!

5. BEAT GENERATION
失速の中にもファンが多い、泣く子もわめく孤高のロック軍団。
ビートたけしさんと仕事をしたことのある吉田氏と米澤氏を中心に結成。
何度かのメンバーチェンジの末、今回は旧友・グレート義太夫氏も!

吉田宏

米澤和幸

甲野勝之

池田哲也

Vocal

Guitar

Guitar

Bass

イーストエンタテインメント
たけしのコマ大数学科
プロデューサー

編集、ライター

フレンド・コンピュータ・サービス(株)

日本経営協会

「今日が一番良かった!」と声をかけられ続けたここ数年。
どこまでおだてられるのか?!
でも良いです。
誉められて伸びるタイプです(笑)。
お恥ずかしい自画自賛!!
リハーサル王としてはサウンドチェックで拍手をもらうだけで嬉しいんです。
今回は失速の初回から久しぶりに義太夫さんとやれました。
めちゃ厳しくて、譜割りなど勉強させられました。
まっ、何回やっても直らずに最後にはあきらめられましたけど。
すべては本番の勢いだけで吹き飛ばしました。
楽しかったです!
Zepのやりたい曲はまだまだあります!
頑張ろうっと!
あっ、ライヴの日にキャンディーズの曲が終わった後に言い忘れました。
「明日からは普通のおじさんに戻ります!!」
来年もよろしくお願いします。

参加者全員の「失速」への没頭ぶりが、今年もよりテンションを上げさせてくれました!
“ボンゾ”と化した、たけし軍団:グレート義太夫兄を迎え入れ、本年度のBEAT GENERATIONは、なんとか無事に乗り切れたように思います。多数のお客様の中で、元ニッポン放送:K渕さまもご来場頂き嬉しかったのですが、2007年12月10日、ロンドンはO2アリーナで行われた「アーメット・アーティガン トリビュート・コンサート」、つまりLed Zeppelin再結成ライヴを共に観戦したのが氏でありました(私の席の延長線上には、沢尻さんと高城さんらが仲むつまじく観戦)。今回、BEAT GENERATIONで演奏した「Good Times Bad Times」、「The Ocean」、
「Celebration Day」が、ご来場の皆様にどのような印象として捉えられたのか興味深いものがあります。Led Zeppelin、未だになんて奥が深いのだ!
「やさしい悪魔 / CANDIES」には己自身萌え、西慎嗣兄やらせて頂きました。
“参加して己自身も楽しむ”。
「失速バンド」とは、なんと素晴らしき空間なのでしょう。今年もありがとうございました!

今年も楽しいひと時を過ごすことができました。皆さんにいただいたパワーを糧に2012失速に向けて邁進したいと思います。ありがとうございました。

地震の後、ずっと元気が出ませんでした。
失速参加に向けてテンションを上げていきました。
平和に生活できることは当たり前じゃなくて微妙なバランスで成り立っているということを被災された方々の大変な状況を通じて痛感しています。
音楽できることも何やら特別のように思えてきていつになくステージ上で緊張してしまいました。
家族も全員見に来てくれて結構照れくさかったです。
東北地域にも私達同様、バンド活動をされている人多いと思います。その方々が一日も早く笑って楽器をおもいきり弾きまくれる日々が来ますよう心からお祈りいたします。
普段チャラけてますが、今回はホントにまじめに考えました。
来年はもっとがんばって思いっきり楽しむぞ〜。メンバーのみんなよろしくお願いします。そして足をお運びくださったお客様
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

 

グレート義太夫

 

 

 

Drums

 

 

 

タレント・ミュージシャン

 

 

 

最高に楽しい時間を過ごさせていただきました!
是非、また誘っていただき、そして参加したいです!
やっぱ音楽は楽しい!
(掲示板へのコメントより)

http://ameblo.jp/gidayu/

6. 迷彩色ホタテ
世に歌い継ぎたい日本の重要音楽資産「昭和歌謡」。
先人たちが紡いだ名曲の数々をムーディに、ダイナミックに。
ホタテの色は毎年の時事に合わせて変色します。
今年は失速常連の2人がスキャンティーズとして客演、こちらも目が離せません!

柿崎譲志

小池秀彦

清水義則

松本哲也

Guitar / おしゃべり

Key・アレンジ

Bass

Guitar

フジパシフィック音楽出版

ビクターエンタテインメント

よしもとクリエイティブ・エージェンシー/よしもとアール・アンド・シー /
吉本音楽出版

正直忙しい最中に今回は流石にパスろうかと思ったけど、やっぱりやめられへん!神田蘭のお陰で何となく知ってた『永遠の嘘をついてくれ』がこれほどの名曲だとわかったし。来年もやるんでしょうねえ。

個人的には1年ぶりくらいにKbd.を弾き、楽器の人なら分かってくれると思いますが、「掌と指が運動したがっているので、エネルギー補充」とばかりに指に大量の血液が流れ込んでいて、ややむくんでいる、というような状態です。ほんのちょっとPf.に触りました、くらいではそんなことは起こりません。別の喩えではかなりの運動をして筋肉が増えたことを実感するのと同じような。ということで、指はやる気があるんですが体は疲れました。楽器は本当は、どれほど演奏しても疲れない、というのが究極のテクニック、ということですか。
もうひとつ個人ばなしですが、梅田さんのMCで小生のArr.に言及していただくことが度々で、あらためて汗顔。

皆様、お疲れ様でした。相変わらず皆さんのパワーには、圧倒されます。失速に入った頃は、若手とか言われつつも、すでにオッサンの年となっていますが、それにも増して、失速バンドの人達は若いです。気持ちが。バンドをやっているから若いのか、気持ちが若いからバンドをやっているのか? すでに体力的には限界を越えていますが、バンドは一番の若さの秘訣だと思いますので、是非、またやりましょう!

南青山のイベントスペースの立ち上げと、自宅の15年振りの引っ越しと、公私共にピンチな私は、参加を迷いましたが、やっぱり出て良かった。また一年生き抜ける気がしております。

 
ヴェロニカ・チハル鈴木

サンディ・ヨーコ勢戸

岩田朱実

神田蘭

Vocal

Vocal

Vocal

Vocal

腰掛けOL

2児つき主婦

ソニー・ミュージックエンタテインメント

女流講談師

寄付、支援、ボランティア活動が長く長く続きますように…。釜石、陸前高田は電気も水道も通っていない所がいっぱい。我々は具体的に動こう!

通りすがりに今回はスキャンテーズとして一曲入魂させていただきました。
ホタテのみなさんと一体感を体験。きゃっ。また、キャンディーズの奥深さにも感銘しました。これからは奥深さも極めたい!のか?

大好きな中島みゆきさんの、大好きな曲「永遠の嘘をついてくれ」を唄うことが出来てサイコーでした!つくづく素晴らしい歌だなぁと思います。会場に足を運んで下さったお客様、そしてバンドのメンバーの皆様に感謝いたします。有難うございました。

 

Noriko Lewis

阪本光也

 

 

Vocal

Drums

 

 

ボーカリスト

SHUHARI LLC / 映像関係

 

 

失速のみなさま、本当にお疲れさまでした!!
"音楽のチカラ" "人のチカラ" を再認識することが出来た素晴らしいライブでした。関わっていらっしゃる全ての人に心から感謝です。
ブログに記事を書きました。
是非是非ご覧になってくださいな!
ブログはこちらから

失速BANDは僕にとっても相当特別なものになってしまいました。本当は面倒くさがり屋なんですが、がんばれます。本当は割と斜め目線だったりするのですが、みんなのパフォーマンスを自分のことのようにドキドキしながら観て、自分のことのように成功を祈り、自分のことのように楽しんでます!これって、恋?
嗚呼、失速よ永遠に!
FB / twitterともにsakamotomitsuyaです。

7. KKチェリー・イケコ・バンド
失速名物の大所帯バンドといえば、これ!
強力なリズム隊とホーンセクションにスーパーボーカルが絡み、
イケコ氏の洗練されたアレンジが例年以上に冴え渡ります。
今年はスティービー・ワンダーの名曲の数々を、豪快に、しなやかに。

梅田憲行

Noriko Lewis

元倉宏史

櫻井隆章

Vocal

Vocal

Vocal

Drums

電通クリエーティブ・ディレクター

ボーカリスト

有限会社グラフィックビート
音楽制作会社
(作曲と映像の選曲スタジオ運営業務)

 

今年、いちばん感謝したいのは、モッキー元倉です。
リズム隊・ブラス隊・ヴォーカル隊の予定を重ね合わせて、1人でも多く参加できるように練習を組めたのは、元倉さんのマネジメント能力のたまもの (まるでドラッカーを読んだ前田敦子)。おかげで、ここ数年でいちばんの結束力となりました!! 次回も、もっと良いライブを目指します。 皆さん、ありがとう!

失速のみなさま、本当にお疲れさまでした!!
"音楽のチカラ" "人のチカラ" を再認識することが出来た素晴らしいライブでした。関わっていらっしゃる全ての人に心から感謝です。
ブログに記事を書きました。
是非是非ご覧になってくださいな!
ブログはこちらから

今年も失速バンドに出れて楽しかったです。ブラスロック・メンバーはじめスタッフの方々に感謝です。
大所帯バンドならではの味づくりに一役買えたのではないかと思ってますが、どうだったでしょうか?またまたいろんな企画をやらかしたいです。

一年で一番楽しい時期が、この「失速」の時期であります。
まぁ、他の一切を差し置いても……と言いながら、あたしゃ毎年5月にはワイハでありまして、皆さんにはご迷惑をお掛けしましたッ、すんまそん!来年からは、6月に致します!
で、今年の我がライヴ。
う〜ん、オトナで楽しかったなぁ。出来れば、このメンバーで「ワン・マン・
ライヴ」を敢行?
かなり、メンバーの中ではその意向が
多いようでありまして……さて、どうなりますか?

 

有森和道

矢部利彦

大里和生

小池秀彦

Bass

Guitar

Guitar

Key・アレンジ

 

電通クリエーティブ

フジパシフィック音楽出版

ビクターエンタテインメント

 

矢部@ブラスバンドです。今年も出させて頂き、ありがとうございました。
みなさんの前向きなプロデュースがあって、音楽への熱意があって、そんじょそこらにはない良質なアマチュア音楽イベントになっているなあと実感しました。
とても爽快な汗をかき、そのあと38度5分に熱がぶりかえしました(余計)。
とにかく楽しい失速よ、永遠なれ!
(掲示板へのコメントより)

本番がイッチャンE気持ちやった〜(^_^)v意味深な発言でシワケナイモ。。。

個人的には1年ぶりくらいにKbd.を弾き、楽器の人なら分かってくれると思いますが、「掌と指が運動したがっているので、エネルギー補充」とばかりに指に大量の血液が流れ込んでいて、ややむくんでいる、というような状態です。ほんのちょっとPf.に触りました、くらいではそんなことは起こりません。別の喩えではかなりの運動をして筋肉が増えたことを実感するのと同じような。ということで、指はやる気があるんですが体は疲れました。楽器は本当は、どれほど演奏しても疲れない、というのが究極のテクニック、ということですか。
もうひとつ個人ばなしですが、梅田さんのMCで小生のArr.に言及していただくことが度々で、あらためて汗顔。

 

高橋良一

熊谷憲太郎

臼井明彦

加藤直裕

Per

Tp

Tp

Tb

 

 

 

FMヨコハマ

永遠の少年・少女達へ、、、。
俺たちにも大人の演奏が出来るんだ!と初めて思いました。同録を聞く限り、みんな落ち着いてる。
ちょっとリズムがずれてる自分のパーカッションが小さめなのがいい! 
モニターも良かった!(これはみんなが落ち着いていたからだと思われる)
進化の可能性あり。

皆様、お疲れ様でした!!
初めて参加してから私の失速人生も10年の月日が流れました。
体も失速まっしぐら!この10年で四十肩に老眼、次は何でしょう?
でも、やる気だけは回を重ねるにつれ、むしろ上昇気流!
終わったばかりなのに、次は何を吹けるのか、今から楽しみです!

 
 
 

小池裕美

小池智子

 

Sax

Sax

 

 

 

 

あんなに狭いステージの中でしたが、みんなのサウンドが心地よく楽しい時間でした!
また盛り上がりましょう!!
打ち上げ楽しみにしてますぅ。

 
バンドの転換時に上映される「失速ニュース」。
ナビゲーターは昨年に引き続き「丸尾みゆき」さん
(イエローキャブNEXT)です!
音楽大好き、スポーツばっちり(バスケットでインターハイ出場)。
才色兼備・注目の女優さんです!
当日は会場にも遊びに来てくれるとのことです。


丸尾みゆきオフィシャルサイト(イエローキャブNEXT)
http://www.yellow-cab-next.jp/miyuki-maruo.html
以上のみなさんです!